<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
いただきます。
言ってますか?

最近、食中毒で食文化が脅かされています。

でもね!

思えば、何かを食べるって言うことは

その食材の命を奪うという事。

調理や食べ方が雑になっていませんか?

何かを奪って、自分の命を繋でいることを

「頂きます」

って一言の中で思い出してほしい。

そしたら

丁寧に調理して

丁寧に残さず食べる。

「頂きます」の一言で
食べる事のリスクを
まだまだ防げますよ。

生きいてるものは必ず何かを頂きながら生かされている。

「食育」ってそういう一面もあるんじゃないかな?



住まいと向き合う事。テーマ

家に暮らすと当然、家は痛みます。

全ての素材は傷がつきます。

でも僕はその傷こそが、そこで家族が暮らした確かな歴史を

刻んだ証だと思って家
を作り続けています。


自分も日本人だからいうわけじゃないけど

日本人は優秀な建材を本物そっくりに作るのも得意です。

傷つかず、壊れにくい物を本当に良く作ります。

でも住んだ足跡も歴史も見て取る事ができません。


想いのこもった家作りって

家族の住んでいく軌跡をいかに想い出深く

暮らしていける場所かって事だと思うんです。

暮らす家も人生も傷の多いほど味わい深く美しいと僕は思いますよ。


クレイアートワークショップ


子供たちに評判でしたよ。

夏休みの自由研究なんかにもいいかもね。

閉店時に気付いたのだけど

用意していたパンフレットが全部なくなってました。

反響は確認できたのでまずまずの収穫です。






「ふぅちゃん」

お腹ナデナデしてみそ(≧o≦)ノ


まだ乾いていないけど




今週末のワークショップ用の

土壁室内プレートの見本。

「WC・・トイレ」・「CLO・・物入」「D・・ダイニング」「K・・台所」「CHILD・・子供室」

なんかをつくってみました。




ちょっこっと公開。

クマさん。麦などの図柄。



麦の花言葉

富・繁栄・希望・豊産など



用意
今週、日曜日に別府の明礬でワークショップします。

今週は天気がいいので仕事と色々なことを掛け持ちで

ワークショップの用意もしています。



何となく15cm角くらいの土壁でつくったネームプレートの製作中の風景です。
2階アトリエで乾燥中です。
日差しが強いので良く乾く(^_^)v



ステンシルで色のついた土でトイレのWCサインを作って見ました。

「自然のサイクルで最後は土に帰る」をコンセプトに

何度でも再生できる土壁アメリカンクレイと

蠅┐拭爾覆襪靴辰廖Eternalship)で開発したECO壁。

エコ壁の顔料の白には津久見の消石灰。

グレーには臼杵の竹宵祭りに使われた竹宵を竹炭に再利用、焼いて

粉末しています。

これから色々なパタ-ンで25枚ほど作ります。

お楽しみに。
日本にあります(番外編)


「桜島だぁ〜!!」

っと大声で叫びたくなる風景でしょ。






お施主と新居のお祝い。

お子チャマたちは僕にどっちがシャンパン渡すかで
じゃんけんに負けた妹ちゃんがダダをこねています・°°・(>_<)・°°・





でもその後は機嫌を治してくれて

醤油をシャンパンに付いていたリボンをつけて

「特別な醤油」って遊んでいました。




床のテクスチャー。

パイン材なんです。

ちょうな仕上げが足ざわり最高!!




朝日のあたる玄関!!

また来るね!!


日本にあります(室内編)
築150年ものプレミアム付き!!


新旧の木材

小杉、屋久杉、土壁、石といった自然の恵みをうまく使いつつ

人が作ったものは薪ストーブ。

そんな空間だと大空間でも全室、同じ室温

柔らかい空気感。

香るのは木の香と料理の香。





人には人それぞれ合った住む場所があるように思います。
この家族には大空間をそして二度と再現できない150年前の古民家のぬくもり。

親が子供のことを話し合うのにお互いが向き合って話し合えるそんな空間って

本当にステキです。

その相談話も全て子供に筒抜け!(*^m^*)

「いいんですよ!!」

子供は親の姿をみて育っていくのですから(^_^)v





このお家の案内人にはかわいい子が案内してくれます。

(でも僕が設計したんだから全部知っているんだけど
かわいい子にはなんとも弱い僕です(*^m^*))





インテリアチェアー!!

ハンモックのように揺られて「にょほほ〜ん」っと癒されます。






コイズミ照明さんの照明器具もよく似合っていますよ。



サンルームは秘密基地のようですね。










薪ストーブの心地よさは後ほど

「オフレコ編で(^_^)v ・・・お楽しみに!!!」




鳥好きの僕の為に鳥づくし♪=^_^=







土壁:バトンルージュ
桜色のトイレの土壁です。





子供室は土壁:ブルーフィールド

色とりどりのおもちゃといい感じで馴染んでいますね。







ではでは、次は「オフレコ編」・・お楽しみにね!!

日本にあります。(屋外編)
築150年以上の古民家がこんな風にカスタマイズしました。

そこに建つだけで空気感をも変えてしまう存在感。

建って一年すぎてようやく鹿児島にこれました。








レッドシダーの外壁

国産木の弱みである白蟻、蒸れ、腐食

などが改善できます。

地震で傾いてもおそらく補修も不要でしょう。







「植物にお水を上げる施主」

家もワイルドだけど

暮らし方もワイルドだね(^_^)v 」



アメリカやスイスに建っていてもおかしくない外観でしょ(*^m^*)





この家は施主と僕と一人の大工W氏、Y木材社さんとの4人で作ったんだよ。
もちろん沢山の人との出会いに感謝は忘れない!!




サンルーム・

桜島の灰がすごいから

鹿児島では必須ですよ。




カンパーニャヴェルデも元気そう。

ウチの子よりも青々してます。

次回は室内編ですよ。(お楽しみに)


白い土壁
昨年、開発に成功した

アレルギー対策

消臭効果、空気正常化効果

デザイン性、再生可能な土壁。

自分で塗れるなどなど!!

利点をあげれば切りの無いエコロジーな土壁。

「H22.12に大分県からも経営革新計画承認」を頂いた土壁です。

今年も早々に出荷しています。



鹿児島のアパートのリニュアルに採用。

こて跡がアメリカンな雰囲気です。開発どおりの仕上がり。




和にも似合うでしょ!!

古いものも大切にアレンジすると

プレミアがつくんです!!!

このあと畳が入りますよ。




存在感もばっちり!!

こて跡の陰影がなんとも味わいが在って

採用してくれた鹿児島のK氏と自画自賛です(=^O^=)。



ステンシルパターン

どんよりとした曇り空ですね。


黄砂の影響でしょうね。


雨は好きなのですが、曇り空はちょっと・・・・(≧o≦)


モチベーションは下がり気味ですが。。。。







今日から2日間はアトリエにこもって


サンプル造りです。


「土壁、アメリカンクレイ」に描く


ステンシルパターンを本日は作っています。

サンプルなので本当は図柄は何でも良いのですが・・・


それだと僕のモチベーションが上がりません。


自分がワク♪ワク♪しないと飽きちゃいます。


だってステンシルパターン作りって意外と時間がかかるんですもの*_*..






コスモスです。


彫刻刀でじみーに切り抜いていくんです。(*^m^*)


この図柄で3時間ほどで完成します(^_^)v




アジサイです。


これだと8時間もかかっちゃいました(-ω☆)キラリ♪


「ファイトッ!!自分!!」




花柄が飽きてきたので海水魚ちゃんです(*^m^*)


 

この図柄で2時間くらいです。



 

ステンシルパターンはビニールで出来ているんだけど


 

10回ほどの使用で使えなくなります。


 

(版画の原版なんかと同じ原理ですからね。)


 

これから画板作りです。


 

サイズはA4よりちょっと大きいくらいを予定しています。


 

色がつくとより見栄えがすると思うのでお楽しみに(^_^)v



☆☆☆☆☆〜☆☆☆☆☆〜☆☆☆☆☆〜☆☆☆☆☆〜

「もう一つのエターナルスタイル」  

http://ameblo.jp/eternalship/  

にも遊びに来てください。     

☆☆☆☆☆〜☆☆☆☆☆〜☆☆☆☆☆〜☆☆☆☆☆〜




 

Back to Top▲